酵素ってなに?

2つの役割を持つ酵素


一口に酵素と言っても、体の中で作られる酵素には「消化酵素」と「代謝酵素」の2つの種類があります。消化酵素は、食べたものを消化するために必要なもので、代謝酵素は食べたものをエネルギーに変換するために必要なものです。これらの酵素はタンパク質から作られるため、作られる数にも限りがあります。
つまり、たくさん必要以上に食べすぎたり、消化に悪いものを食べてしまったりすると、消化酵素が多く必要となってしまうので、代謝酵素を作る事が出来なくなってしまいます。2つの酵素のバランスが崩れた事により、食物をエネルギー変換するのが間に合わなくなり、免疫力の低下や肥満といった事が起こりやくなります。
では、一体どうすれば2つの酵素のバランスを取る事が出来るのでしょうか。


食物酵素を取り入れて、2つの酵素を手助けしよう


体内で作られている酵素以外に、外部から取り入れる「食物酵素」というものがあります。食物酵素は、生野菜や果物、発酵食品などに多く含まれています。これらを体内に取り入れる事により、消化の助けをしてくれるので、消化酵素の負担が少なくなり、代謝酵素が十分な働きをする事が出来るようになります。代謝が良くなれば、食べ物をエネルギーに変換できるので、ダイエットの効果にもつながります。他にも、体にたまった老廃物を出したり、体力をつける事も出来ます。
しかし、せっかく食物酵素を摂り、体のバランスを取っても夜更かしなどをしてしまうと、効果がないので気を付けなければなりません。消化酵素と代謝酵素は人が睡眠をとっている間に体内で作られるので、十分な睡眠をとっていなければ意味がないのです。
これらの生活習慣、食習慣を改善する事で、代謝の良い痩せやすい体を作る事が出来るので、ダイエットにも効果的になるでしょう。